陶芸教室 大阪|ルームルームとうげいきょうしつ

サイトマップ るーむるーむとうげいきょうしつ
 
本教室の特徴

●どんなところにあるの?
教室は四ツ橋線の四ツ橋駅を降りて徒歩3分のとても交通の便がよいところにあります。
まわりはグルメにショッピングにと賑わいのあるとても便利な立地です。

●ルームルームはご見学の方、大歓迎です。
まずはご見学で陶芸の空間を体験してみてください。きっと陶芸のイメージが変わりますよ。
ご見学をして頂いて当日でも開講時間内なら体験を受講できます。(教室の状況によってはお断りする場合あり)

●陶芸って前からやってみたいなって思ってた!
でも何となく通い難いイメージがあって・・・。

陶芸って薄暗い工房で泥まみれのところで作るってイメージがあると思いますが、ルームルームの 教室には所狭しと色とりどり様々な作品が展示してあります。うつわを見るのが好きな方にはいいかもです。生徒さんたちの創作意欲を高めるために常に新しい作品サンプルを制作するように心掛けています。

●陶芸やりたいけど、私手先が器用じゃないし・・・。
ルームルームの生徒さんの9割は初心者の方です。
個人の進み具合に合わせて、作陶していただきますのでマイペースで楽しんでいただけます。

●初心者はどんなことをするの?
個々の上達レベルの段階を踏まえてカリキュラムがあります。無理のないカリキュラムで徐々にステップアップしていきます。詳しいカリキュラムはこちら
はじめの段階では講師も一緒になって同じモノを制作いたします。一緒に作っていきましょう!
よく何を作って頂いても結構ですよ!的な一見自由でいい感じって思うシステムでやられている教室がありますがルームルームはそうではありません。
但し、作りたいものは遠慮なしに講師に相談してください。その時のその生徒さんに合った技術レベルで作れる方法を考えながら制作していただきます。
経験者の方は自由に作陶してください。制作途中で気付いた点などはアドバイスさせて頂きます。何なりとご質問ください。

●仕事が不規則で通い続けれるかどうか?
振替制度があるので急な残業が入っても別の日に変更が可能です。当然当日でも構いません。遠慮なしに申し付けください。前後1ヶ月振り替えが可能です。。

●友達を誘って通うのも何か構えちゃって行動に移らない。
ルームルームの生徒さんは8割の方がお一人で通われています。朝クール・昼クールは主婦の方や平日がお休みのOLさん。夜クールは会社帰りのOLさんが中心です。
ご夫婦で通われている方も大勢居られますよ。同じ趣味っていいですよね。
講師は男性もいますので男性の方も気になさらずに一度ご見学や体験にお越しください。職場以外の外での繋がりって以外と楽しいですよ。休日などに新しいライフスタイルを作りませんか。

●粘土の種類は?
白土・赤土・黒土・赤御影・信楽古陶土・赤荒土・半磁器土・耐熱土(土なべ用)・備前土の11種類あります。

●釉薬の種類は?
・3号石灰石  ・織部釉2種類  ・伊羅保釉  ・辰砂釉  ・チタン釉  ・金彩 ・黒マット    ・黒釉  ・蕎麦釉  ・マンガン乳濁釉  ・瑠璃釉  ・天目釉2種類  ・藁白釉 ・黄瀬戸釉  ・トルコ青釉  ・青交ち釉   ・飴釉2種類  ・ピンク釉  ・黄色釉   ・青磁釉  ・ビードロ釉2種類  ・染付釉  ・青碧釉 ・青釉 など約30種類常備あり。

●色化粧土
・白化粧土・黒化粧土など8種類程度あり。

●焼成方法は?
焼成方法には大きくは2種類の方法があります。酸化焼成(OF)と還元焼成(RF)です。
ルームルームでは共に作品がたまり次第随時行っています。
次回来られる生徒さんがなるべく次の作業(作陶)が可能なように努めています。よって作品が窯一杯にならなくても窯焚きを行っています。


教室選びの参考ポイントにしてください。(作陶に関して特に重要です)

作品管理に関してのルームルームの考え方

  1. 陶芸の作品は裏方作業(作品管理)がとても重要です。例えば、成形した作品を次回に削るなどの際には翌日来られる生徒さんの作品を事前にチェックして、固さなどを調整して作業(作陶)がし易いように管理させて頂いております。教室によっては全く管理せずに生徒さん任せにされています。 作品をキッチリと管理させていただいている都合上、いつでも来てくださいなどのシステムではありません。基本は来られる日程を教室側が把握して来られる迄万全の体制で作品を管理するように心掛けています。
  2. 陶芸の作品は様々な工程を経て完成します。例えば、色付け(施釉)をする場合は素焼きと言われる低温で焼成を行った状態で色付けを行ないます。よって、なるべくは生徒さんに”まだ、素焼きが出来てないので・・・“的な管理はしないように心掛けています。次回に来られる日程から個々の制作進捗状況を把握して作陶していただけるように心掛けています。
    但し、最低要する期間は無理のない程度に管理工程を進めています。
  3. 色付け(施釉)を行なった作品は本焼きと言われる最終の焼成を行い完成します。なるべく早く生徒さんに完成作品をお渡しするようにしています。よって、窯入れの際には生徒さんの来られるスケジュールを把握して作品を振り分けて窯入れ→本焼きを心掛けています。
    教室には電気窯2台完備して作陶に支障ないように心掛けています。
    1ヶ月に平均約12回の焼成を行なっています。(素焼き・本焼き/酸化焼成&還元焼成)
    この回数はかなり頻繁に行なっています。

設備とその使用に関して

  1. 窯は電気窯を2台設置し、酸化焼成及び還元焼成共に常時焼成を行っています。還元焼成で別途焼成代を頂戴することは致しておりません。
  2. 電動ろくろは5台完備し、使用に際して別途使用料などは頂戴していません。自由に使用可能です。

以上の特長などを参考に他のお教室と比較してご検討ください。
ルームルームへのご入会を心よりお待ちしております。

本教室の特徴
ルームルームの特長
日程カレンダー
講師紹介
薪窯焼成
出張陶芸教室
HOME
会員コース
体験コース
ご入会方法
ルームルームの場所
MAIL

Copyright (c) 2002 RoomRoom TOUGEI KYOUSHITSU. All Rights Reserved.[post@room696.com]
#550-0014 MazeranYotubashi4F 1-7-2,kitahorie,nishi-ku,Osaka-city,Japan