ページトップへ

葉っぱ型の石膏型を作りました

2020-09-20

葉っぱ型の石膏型を新しく作りました。

今まであったサイズは左側、新しく右側の大きなサイズを作りました。

 

サンプル品を作っていますので完成品を見て、是非チャレンジしてください。

使ってくれると作ったかいがあります。その逆は寂しいです。悲。

よくあることですが・・・

よろしくです!笑

 

 

 

 

キャプテン アメリカ / 生徒さん作品

2020-09-19

制作期間6ヶ月超の逸品作品です。

 

陶芸 釉薬作り 

2020-09-18

ピンク色の釉薬を作っています。

体験のお客様にも人気の釉薬です。

石灰石100に対してピンク顔料15の調合です。

 

童仙房(どうせんぼう)・・・道具土とも。

2020-09-17

陶芸道具・・・

童仙房(どうせんぼう)とは、耐火度が高く焼きしまらない性質なので、

作品同士がくっつかないようにしたり、流れやすい釉薬を使った場合の作品と棚板がくっつかないように童仙房で作品を浮かします。

粘土としてすぐに使える状態で販売されているモノがありますが、私の場合はそこまで消費が多くないので、粉状のモノを購入して水で練って粘土質にしています。

 

2020-09-16

ご入会キャンペーン特典!

 

◎ご入会金11,000円→0円

◎初めのお月謝半額 最大5,300円Off

更に体験当日にご入会の方は・・・

◎粘土1kg1300円相当プレゼント

有効期限 2020年11月28日迄

 

猫の置き時計 

2020-09-16

猫好きの生徒さんが制作された、置き時計です。

黒猫の目が何とも言えない表情をかもし出しています。

髭はちょっと残念に欠けてしまってますが・・・。

 

講師募集のお知らせ

2020-09-13

1.職種  :陶芸講師

2.業務内容  :陶芸体験のお客様への陶芸体験レッスン全般~体験作品の完成までの
作業工程全般。
3.時給   :970円~経験により。
4.出勤曜日 :日曜日 出勤できる方。他、火曜日及び祝日に出勤可能な方。
週1日~2日程度の勤務可能な方。
5.雇用形態 :1年以上可能な方(短期不可)
6.勤務地 :大阪市西区南堀江1-12-2
7.勤務時間 :9時半~16時半。1時間程度の残業ありの場合あり。
8.応募資格 :陶芸経験者(講師経験なしでも可)、真面目な方
9.年齢 ;23歳~35歳ぐらい
8.募集人数 :1名

応募方法 :書類審査(履歴書)を提出後、面接及び簡単な陶芸技能レベルを
審査させて頂きます。( 手びねりと電動ロクロ)
お問い合わせ 及び 履歴書送付先
〒550-0015 大阪市西区南堀江1-12-2東栄ビル4階
ルームルームとうげいきょうしつ

TEL06-4390-6965
又は
01@room696.com

陶芸石膏型 新しく作りました

2020-09-12

新しいオーバルプレートの石膏型を作りました。

この手のサイズ感は教室にありそうでなかったので私的には満足!

さて、生徒さんは使ってくれますかね〜⁈

約300mm×200mmサイズ

 

太陽の塔 陶箱   生徒さん作品

2020-09-11

「太陽の塔 陶箱」

 

6月に開催する予定でした、「生徒さん作品展」の作品テーマで制作された作品です。

ロクロ挽きで全体のカタチを無垢状態で仕上げてから後日、少し硬くなった状態で内部を削り取りました。

白&黒がある事で更に作品が引き立ちますね。

「生徒さん作品展」

必ず開催します。

お披露目お楽しみに。

 

陶芸体験 作品完成分

2020-09-10

陶芸作品の完成迄〜

 

陶芸体験作品は体験当日から完成まで、どのようにして完成するのか?

体験のお客様って当然知らない事ですよね。なので、完成まで1ヶ月半ほど掛かりますとお伝えすると驚かれる方が居られます。

って事で詳しくご説明を・・・

1. 体験で作品を作る

2.少し硬くなった頃に余分な部分を削る 1週間程度

3.自然乾燥  1週間程度

4.1回目 窯詰め〜窯焚き

5.窯出し

6.素焼素地を綺麗に紙やすりかけ

7.水洗い

8.高台部分に撥水剤塗り〜釉薬の仕分け作業

9.釉薬掛け

10.釉薬の表面処理

11.2回目 窯詰め〜窯焚き

12.窯出し

13.お客様各々のサインを探して名札付け

14.お客様が取りにお越し頂く迄、保管。

又は

郵送の場合は梱包作業〜郵便局へ運搬。

って感じで作業を進めています。

だから、1ヶ月半程掛かってしまうんです。

 

しんどい仕事です。笑

でも、作品を取りに来られた時にお客様が作品を見られて喜ばれると嬉しいです。

“めっちゃキレイ“って!

はい、私が削りましたから。と、ココロの中でたまにつぶやいています。たまに冗談で口に出して、言っちゃう時もあります。笑