ページトップへ

生徒さん作品 マグカップ

2021-03-11

 絵の具で木目模様を描かれたマグカップです。

見事に『  木   』です!

生徒さん作品 丸皿

2021-03-11

結晶の模様がウツワ全体に出て、とても綺麗に仕上がっています。

結晶の濃淡が出ているのもウツワに表情が出ていいですね。

この釉薬は随分昔に定番であったのですが、調子が悪くいつの間にか止めてしまっていて、最近改良して復活した釉薬です。

皆さんどんどん使ってやって下さいね。

生徒さん作品 太陽の塔 丸皿

2021-03-11

石膏型を使いタタラ成形で作られた作品です。

太陽の塔の顔を見込み全体に描かれています。ベースが白でとても画が映えていますね。

生徒さん作品 カップ&ソーサー

2021-02-22

ロクロ挽きで制作されました。

もう、ベテランの域に達しています生徒さんなので安定のお揃い作品ですね。

釉薬は黄瀬戸釉と飴釉の掛け合わせで、とても綺麗な仕上がりになっています。

 

 

 

生徒さん作品 土鍋

2021-02-20

ロクロ挽きで作られた土鍋です。

コロンとしたとてもフォルムが可愛らしいですね。男性生徒さんの作品です。笑

釉薬は伊羅保釉で仕上げています。

 

生徒さん作品 薬味入れ(タレ入れ)

2021-01-29

タタラ成形で伸ばし形状にカットしてから後日しっとりと少し硬くなった状態で内部をくり抜いて制作されました。

見た目以上に制作時間がかかった作品です。

その甲斐あって綺麗な仕上がりになりました。

チタン釉薬

酸化焼成

生徒さん作品 花入

2021-01-18

電動ロクロ挽きされた花入です。

球体の形状は特に難易度が高い作品ですが綺麗な曲線です。 釉薬は黒のマット仕上げで花を邪魔しない渋い仕上がりです。

生徒さん作品 蓋物

2021-01-17

使用粘土  白土

釉薬    黄瀬戸釉

焼成    還元焼成

電動ロクロで制作されて蓋物の作品です。

蓋物作品は本体と蓋のサイズがあってこそ最低限の機能をクリアーします。が、これが中々難しい事です。

サイズをギリギリ攻め過ぎるとハマらない。または、攻めなさ過ぎると遊びがあり過ぎてカッコ悪くなる。

ジャストのサイズ感になるとそれだけでワンランク上の作品になりますよね。

それがこれ↓

生徒さん作品 眼鏡の箸置き

2021-01-17

眼鏡マニアの生徒さんが制作された眼鏡の箸置きです。この他にも眼鏡をモチーフに色々なアイテムの作品を作られています。

だから、教室にあるこの方の完成品を他の生徒さんが見て、どなたの作品かほぼ判るってすごい事ですよね。笑

生徒さん作品 家の多肉鉢入れミニ

2021-01-16

小さな作品ですが、手の込んだ作品です。

いつもリアル過ぎるフィギュアを作られている生徒さんならではの植木鉢ですね。

植物入れた写真くださーい!見たい。