ページトップへ

10年以上前から欲しかったモノ買いました

2021-05-19

そないな高いモノじゃないけど、なかなか買うところまでは行かずに、毎回ホームセンターに行くとこれがある陳列に行っては眺めて帰るを繰り返してました。

今日は杉板を買いにホームセンターに行って物色していると、杉荒板が1枚300円で売っていました。その近くに表面がツルツルのキレイに磨かれた杉板がほぼ同じサイズ感で売っていました。値段を見るとナント!1500円!

いつものサンダーの陳列に向かい、値段を確認!

杉荒板とツイにサンダーを買っちゃいましたー

ザラザラの表面がツルツルです。

早く買えば良かった・・・

卓上タタラ機を買っちゃいました

2021-03-26

ずっと欲しかったのですが、こんなコンパクトな卓上があるなんて知らず・・・

教室には物が溢れていて、従来からある私が知っていたテーブルタイプのもっと大きなサイズしか知らず、諦めていました。

しかし、たまたま見つけて即買い!

でも、私的にはかなり高価な代物です。

活用しなければ!

石膏型作り〜作品制作迄。

2021-01-28

 

ロクロ挽きで原型を挽いて作り、石膏を流してベースの形が出来上がってから、立ち上がりのリブ部分に線刻を削りました。

続いて、この石膏型が使って実際に制作した作品です。

白荒土を使用してチタン釉をかけて酸化焼成しています。

葉っぱ型の石膏型を作りました

2020-09-20

葉っぱ型の石膏型を新しく作りました。

今まであったサイズは左側、新しく右側の大きなサイズを作りました。

 

サンプル品を作っていますので完成品を見て、是非チャレンジしてください。

使ってくれると作ったかいがあります。その逆は寂しいです。悲。

よくあることですが・・・

よろしくです!笑

 

 

 

 

陶芸 釉薬作り 

2020-09-18

ピンク色の釉薬を作っています。

体験のお客様にも人気の釉薬です。

石灰石100に対してピンク顔料15の調合です。

 

童仙房(どうせんぼう)・・・道具土とも。

2020-09-17

陶芸道具・・・

童仙房(どうせんぼう)とは、耐火度が高く焼きしまらない性質なので、

作品同士がくっつかないようにしたり、流れやすい釉薬を使った場合の作品と棚板がくっつかないように童仙房で作品を浮かします。

粘土としてすぐに使える状態で販売されているモノがありますが、私の場合はそこまで消費が多くないので、粉状のモノを購入して水で練って粘土質にしています。

 

リブ付8寸皿の石膏型作り

2020-09-05

少し大きめのリブが付いた皿を作りたいとの要望が前からちらほらあったので、やっと作りました。

仕上げに使った釉薬は最近の新色の伊羅保釉です。

リブ皿にとても良く似合ってます。

 

陶芸電気窯の修理 陶芸教室 

2020-04-12

コロナで厳しい状況の中で、なんで今なんだ!何で切れる!何でだ!エッ!

腹立つわー!

ホンマ腹立つ!

金ばっかかかるやろ!

この作業で指もヤケドしたし、ええ加減にせえやー!

コロナボケ!

 

誰にも当たることできないのでせめてこのぐらい書かせてください。

電動ロクロの改良

2020-04-02

当教室には電動ロクロが5台あります。

その内の1台のみ亀板を取り付けての使用となっていました。

少し前に他の4台も全て亀板仕様をしました。

そうすることによって、体験時の進行が超スムーズに行くのです!

超便利です。

今まで何故に!こうしなかったのか!?不思議なくらいの改善です。

やっぱ!人間は常に問題意識を持って日々進化しないとですね。

 

 

 

窯入れ シーン

2019-12-09

窯入れの最初から最後までの様子を動画で撮りました。早送りしてますが5分あります。

何個かの作品は少し釉薬がちぢれたりしていたので再焼成しています。

酸化焼成にて18時間焚きます。

その後、約30時間かけて、ゆっくりと温度を下げて冷まして窯出し。