ページトップへ

タイルに葉っぱ模様入れ 体験

2021-04-06

先週から分譲マンションの1階ファサード壁面に貼り付けるタイル108枚を3週にかけて、108世帯のご入居者の方々がタイルに葉っぱ模様を入れる体験をされています。

1枚1枚当然葉っぱの種類も異なるので失敗出来ない神経の使う仕事ですが、焼き上がった108枚のタイルが壁一面に貼り付くと素晴らしい壁面になるでしょうね。

楽しみです。

 

生徒さん作品 カップ&ソーサー

2021-02-22

ロクロ挽きで制作されました。

もう、ベテランの域に達しています生徒さんなので安定のお揃い作品ですね。

釉薬は黄瀬戸釉と飴釉の掛け合わせで、とても綺麗な仕上がりになっています。

 

 

 

金継ぎ

2021-02-22

綺麗にパックリと割れたので欠片もない状態であった為、簡単に修復出来ました。

私の金継ぎは漆を使わない、こんな感じの『簡単 金継ぎ修理』ですが、気軽に出来て費用も断然、本格金継ぎよりも安価に修復出来ますよ。

生徒さんでご自分でやってみたい方、または先生お願いしますって方でもお気軽におっしゃってください。

ちょこっと手間賃ちょうだいしますが。笑

ちょこっと”欠けて”お気に入りだったのに使わなくなったウツワありますよね。

是非、修復してください。

生徒さん作品 土鍋

2021-02-20

ロクロ挽きで作られた土鍋です。

コロンとしたとてもフォルムが可愛らしいですね。男性生徒さんの作品です。笑

釉薬は伊羅保釉で仕上げています。

 

六角皿

2021-02-02

先日から新しい石膏型を制作しています。

おニューの石膏型を使って制作した作品の本焼きが上がりました。

青マット釉仕上げにしました。

この石膏型は他にも”リブ”を付けてひとまわりサイズを大きくして縁の形状を変えたタイプも作っています。

また、完成したらお披露目します。

是非、使ってください!

生徒さん作品 薬味入れ(タレ入れ)

2021-01-29

タタラ成形で伸ばし形状にカットしてから後日しっとりと少し硬くなった状態で内部をくり抜いて制作されました。

見た目以上に制作時間がかかった作品です。

その甲斐あって綺麗な仕上がりになりました。

チタン釉薬

酸化焼成

石膏型作り〜作品制作迄。

2021-01-28

 

ロクロ挽きで原型を挽いて作り、石膏を流してベースの形が出来上がってから、立ち上がりのリブ部分に線刻を削りました。

続いて、この石膏型が使って実際に制作した作品です。

白荒土を使用してチタン釉をかけて酸化焼成しています。

招き猫 絵付け体験

2021-01-18

招き猫のカタチをした素焼素地に『陶芸専用絵付け絵の具』で好きなデザインに仕上げる事が出来る体験コースです。

絵心が無い方でも意外と楽しめる絵付け体験ですよ。

是非 チャレンジください。

生徒さん作品 花入

2021-01-18

電動ロクロ挽きされた花入です。

球体の形状は特に難易度が高い作品ですが綺麗な曲線です。 釉薬は黒のマット仕上げで花を邪魔しない渋い仕上がりです。

生徒さん作品 蓋物

2021-01-17

使用粘土  白土

釉薬    黄瀬戸釉

焼成    還元焼成

電動ロクロで制作されて蓋物の作品です。

蓋物作品は本体と蓋のサイズがあってこそ最低限の機能をクリアーします。が、これが中々難しい事です。

サイズをギリギリ攻め過ぎるとハマらない。または、攻めなさ過ぎると遊びがあり過ぎてカッコ悪くなる。

ジャストのサイズ感になるとそれだけでワンランク上の作品になりますよね。

それがこれ↓