ページトップへ

生徒さん作品

2019-09-13

生徒さん作品

2019-09-13

今日の教室風景360度

2019-09-13

休み時間の教室風景360度です。

やっと、クーラー無しの窓全開で過ごせる気候になりました〜。

窯焚きタイミングも気にせずにON出来そうな感じです。

施釉済み作品があふれてるのでフル稼働で本焼きします。

陶芸体験の施釉 織部釉編

2019-09-13

 

教室にあふれる素焼き作品

2019-09-11

どんどんと溜まってくる体験作品。

ちょっとでも作業をサボってると作日を避けて置くスペースがないくらいに作品が溢れてます。

乾かして→削って→乾燥させて→素焼き→ペーパー掛け→洗って→釉薬選別して→釉薬掛けして窯入れ→本焼き→窯出し→高台処理→お名前チェック→完成

だから、1ヶ月半かかっちゃうです。

体験の皆さん、お待ち下さいね。

頑張ります!

生徒さん作品

2019-09-05

生徒さん作品

2019-09-05

生徒さん作品

2019-09-05

 

使用粘土 ・・・半磁器土

使用釉薬・・・石灰釉

装飾・・・下絵具

蕎麦猪口 江戸時代中期

2019-08-24

毎月21日22日に天王寺にある四天王寺さんで開催されている「骨董市」によく行くのですが、今月はこんなのゲット!しました。

蕎麦猪口です。

江戸時代の後期に作られた蕎麦猪口です。

氷裂.矢羽の染付けの絵柄が描かれています。

口縁に欠けが数カ所あるのでリーズナブルなお値段でした。これと全く同じで欠けがないモノは一万五千円でした。そんなのは買えないし、この欠けが「金継ぎ」すると逆にイイ味が出るんです。

#蕎麦猪口

#江戸時代中期

#金継ぎ